ブルーな花 実験中

夏休みの宿題ではありません、

30年程むかしフローリストダイ(切花用染料)による染め花が流行ったことがありましたが

近年 また秘かなブームなのか染料が安価で出回るようになりました。

そんな中、今回はカーネーションを使い青い花を作るレポート(実験)です

DSC_7526 (Custom)

 

あらかじめ水を上げる前の白カーネーションで

白の花は大概きれいに染めることができます。

DSC_7528 (Custom)

よ~いスタート!

DSC_7547 (Custom)

5分経過 さっそく芯の部分がうっすらと色づきはじめます

DSC_7549 (Custom)

15分経過 全体にわたって青がまわってきました

DSC_7551 (Custom)

25分経過 このくらいでもいい感じですがもう少し染めてみましょう

DSC_7554 (Custom)

45分経過 濃過ぎるのもどうかと思いこれにて終了

DSC_7561 (Custom)

 

なかなかいい感じに仕上がりました。

別の色(ロイヤルブルー)でも試してみました。

 

DSC_7532 (Custom)

 

 

濃いめの青 エッジ部分が白く残りちょっとおもしろい結果になりました。

好き嫌いは有るかと思いますが青い花が少ない中

ひとつの方法として使うのもいいでしょう

DSC_7565 (Custom)

制作例

バラ(オートクチュール、スイ―トアバランチェ)とセダムをあわせて

 

今回は理科の実験のようなレポートになりました。

因みに切花着色剤は手や衣服に付くとなかなか綺麗に落ちてくれないので扱いには充分注意が必要です。

茎や葉からもしばらく色が滲み出ます

また、花瓶の水にもやや色が落ちてきますのでいろいろな面で注意しながら使用したいアイテムです。(店長 : わたなべ)

 

 

 

 


更新日:2016年8月30日


Leave a Reply

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

特選トピックス

昨日仕入れたガラスの小瓶で夏の花遊び
バラが旬の今、イチ押しの商品『イブ.ピアジェ』
涼やかに彩りよく大人しく。。
まだまだ間に合うお母さんへの贈り物
今朝,市場の帰路 バラ園に行ってまいりました
ご卒園、おめでとうございます。

更新情報

キーワードで検索

今月の記事

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

これまでの記事